パート63
音楽と映像を楽しむ新時代 パート63

明けましておめでとうございます。2019年だ。新しい年は好きだ。1月は明るい気分になるから好きだ。

紅白歌合戦は楽しかったな。米津玄師も良かったし、サザンオールスターズも良かった。僕は12年か13年ぐらい前から毎年紅白歌合戦を見ているし、このところよくJ-POPをきいてますから、全部好きってわけでもないんだけど、以前ほどの抵抗はなくなった。

このところずっと年賀状を出していたのだが、この12月はまったく余裕がなくてずっと気になっていたが結局年賀状を出すことができなかった。年賀状をいただいた方済みません。

元旦も「Perfumeかるた」の動画を編集していてやっと限定公開にこぎつけたところで、まだまだまだまだ動画の編集をやらなくてはならない。それでもだいぶ慣れてきてはいるのだが、とにかく動画の編集ってものすごく時間がかかる。  2019.1.1

昨日、10時間かけて「Perfumeかるた」の動画を編集してYouTubeに公開しました。こちらです 僕としては音楽かるたを先に作ってやっていたのだが、こちらはあまり楽しんでくれる人がいなくて、Perfumeかるたの方が断然人も集まるし盛り上がるというのが実情です。

次は「四国歩き野宿遍路ウルトラライト装備」の「雨具編」の動画を作らなくちゃ。

大晦日から元旦のカウントダウンを見て、3本投げたら1本目がダブルブルに入って、2本目と3本目もブルに入った。妙に縁起がいいのでそのままにしてある。

今日はLaPavoniの不具合を解消している。ものすごく使い心地が悪かったのだが、約1時間ほどの作業で多分かなりマトモになったはずだ。最初に予想していたのとはまるで違う部分の精度の悪さに起因するものだった。

正月もいつもと全然変わらないことをやっているなあ。

紅白歌合戦2018で最も印象深かったのは「椎名林檎+エレカシ」だった。歌がどうのっつーんじゃなくて、アングラ劇みたいな怪しさだった。もちろん一番興味を持って見たのは米津玄師でしたけどね。Perfumeは凄すぎてすごさがわかららないのが 難点でしょうか。

レコード大賞は意外性のカケラもない、エグザイル系とAKB系なので「はいはい、やっててね」って感じ。期待を裏切らない世界です。

正月はレコードをかけて過ごすことにしよう。  2019.1.2

昨夜ラベルのピアノ協奏曲の第2楽章をきいていて、「死ぬときにこの曲のあの部分を思い浮かべてバイバイするのもいいなあ」と思った。長い間それはベートーヴェンのOP:111の第2楽章のはずだったんだが、仮に天国に滑り込むことができたとしてもベートーヴェンでバイバイすると、空気がきれいだけど寒い場所に連れていかれそうな気がしてきた。ラベルならもう少し暖かで誰かと語らうこともできそう。どうやら。若い頃とは考えが変わったらしい。

昼間はあれこれ次の動画のための撮影をして、「ウーム」と対策を考え、LaPavoniも使いやすくなったので昼はかなり美味しいエスプレッソを飲み、夕方からは年始のご挨拶で代々木上原の声楽家のお宅へ行きおせち料理とお雑煮をいただいてきた。  2019.1.3

ファンキーフライデー!!

午前中に依頼された包丁を二本研いだ。黙々と手を動かしてやっただけの成果があるので僕は刃物研ぎが好きだ。

欲しいっていうと古いカメラが集まってくるみたいに、不要な包丁がやってくる。

このペティナイフは中に鋼がサンドイッチされているなかなか良いものなので、去年僕がやったみたいに機械でガーッと削り落としてラブレス風にデザインし直すと良さそう。でも機械を使っても6時間ぐらいかかるから、1時間1000円として6000円払ってくれたら半手製ナイフ作りに付き合って砥石とスペースを提供するんだけどな。刃物研ぎを覚えられて、手をかけたステキな包丁が手に入ったら最高ですけどね。アメリカ製のナイフよりこちらの方が切れ味はいいんじゃないかなあ。

こんな感じにしたらかなりカッコいい。

今日は板橋区の温泉に行った。何と志村坂上駅から徒歩5分ぐらいのところに温泉があるのでした。久しぶりの長風呂をしたらグタッとしたけど楽しかった。

  2019.1.4

そうだ、新年からは布フィルターを新しいものにしようと思っていたのだが、忘れていた。次回から交換しよう。

スタジオの床には動画制作のための物があれこれ置いてあって、必要に応じて撮影をしている。そんなわけでルンバも稼働できない状況なんだな。一段落したらと思うのだが、なかなか一段落しないのです。

そんなわけでアンプはずっとNaimのNaitのままだ。微小なノイズが出ないしすごくバランスの良い真っ当な音なので心地よい。でも、Rogersのアンプにしたらまた「君じゃなくちゃ」って思うんだなきっと。

今年からクィーン戦も5回勝負になったので、男女を交互に放映している。。

そして、どちらも5回戦までもつれ込み、新名人が誕生し、クィーンは防衛した。

僕が先日YouTubeに公開した 「色彩の音」はまだ571回の再生なんだけど、 面白いことに毎日少しずつ増えている。もしもこれを銀座や原宿の美術ギャラリーを借りて発表したとしても、せいぜい200人か300人ぐらいの人が見てくれる程度で、絶対に500人なんて無理だ。東京でやっても無名作家の1週間のお客さん動員数はそんなもんです。そしてギャラリーでの展示は、よほど有力な評論家の目にでもとまらない限り、会期が終わればそこでおしまいだ。でもYouTubeでの公開は一年後だってジワジワ増え続けるかもしれないわけだし、インフルエンサーもいる。そして、YouTubeというシステムがなくならない限り僕が死んだ後も残る。だから、どう考えてもYouTubeの方が沢山の人に作品を見てもらえると思う。   2019.1.5

あれこれやっているのだが、気がつくと次の日になっている。ぼーっとTVを見ているわけではなくて、あれやこれややっているのだが、なかなか思うようには進まない。

しょうがないから、フレンチトーストでも食べてやる気を出そう。

今やっているのは、徒歩旅行用の雨具についてです。中古でゴアテックスのレインパンツを手に入れて、これをチョキチョキしてミシンで縫うなんてことを考えている。

そんな中でこの装置も使っているのだが、十分に機能している。Snoppa Atomが79ドルでこのマイク付きにすると99ドルだったから20ドルのマイクですね。延長ケーブルを使ってマイクスタンドを使えばもっと良いのかも。

iOSについている「ボイスメモ」がなかなか便利なのでMacでも使いたいと思って検索をかけたらMacでも使えるらしいのでダウンロードしたら、10.14.2のアップデートが始まってしまったので多分作業は30分ぐらい中断だな。よくわかってなかったけど、ボイスメモが10.14.2に標準になったってことか?

約1時間ちょっとかかってmacOSを10.14.2にしたら、やはり思った通りで、Macにもボイスメモがついた。iPhoneを片手に持って録音して、iPadでもボイスメモを立ち上げておくとiPhoneで保存したとほぼ同時にiPadでのiPhoneで録音したデータの再生ができるので、iPadに挿したヘッドフォンで確認をする。そしておもむろにMac miniのところへ行くとこちらのボイスメモにも録音したデータが自動的に同期されているので、それをMacのHDDに保存してそこからPhotoshopとiMovieの2つを使って編集作業をする。こんなことを繰り返していると1日がすぐに終わってしまう。   2019.1.6

さあ、今日から仕事っていう人も多いのかな。2019年が本格的に始まる。

僕は盆も正月もほとんど変化がなくて、毎日正月ってことらしい。今日は食パン4斤焼いて、コーヒーの焙煎を2回やってシフォンケーキを2個作って送る。あとは10本ぐらい予定している動画の編集を一つ一つ順番にやっていく。「あそこ、やり直しておけば良かったなあ」って思うのはイヤなので、撮影し直し編集し直し100万回です。いくらやり直しても他人には迷惑もかからないし、気兼ねも要らないので、バカみたいにやり直している。もちろんさすがにやればやっただけ慣れて、少しずつ手慣れてきている。ボイスメモの話もそんなことの一環だ。

自分で録音した音源がどんな風に再生されるかを試したいので、久し振りにマルチch再生をやろうかなと思っている。 どうなるかな。

今日の食パンは失敗してもいいから思い切り発酵させてやろうと考えている。失敗を恐れているとそれ以上は進まないから、85点でとどまるか95点を目指すかなんだけど、失敗しても怪我をするわけじゃないし誰にも迷惑はかけない、1週間「クソー」って思いながら不本意な食パンを4斤食べればいいんだから、ここはギリギリを攻めるべきだと思う。

数日間にわたりスタジオ内に物が出っぱなしになっていたので、ルンバを稼働させることが出ずにいたが、今日は何とか片付けてやっと今2代目ルンバが掃除をしている。本当にやれやれな状態です。さすがに2代目のルンバは力強くて、しかもバッテリが長持ちなのか初代の末期より2倍ぐらい長時間動き回り、とても良くホコリを集めてくれる。

この1月は、手に入れて使ってみたがお陰で気が済んだ不要品を処分することになりそうだ。

夜はウイントン・マルサリスとエディタ・グルベローヴァが一緒に演奏しているCDをきいている。

大貫妙子はもっぱらRogersできいていたので、NaimのNaitで再生してみるとちょっと若返る声でちょっと新鮮かな。  2019.1.7

来週あたりにジンジャーシロップを作りたいのですが、まとめて作るのでどなたか欲しい方はいらっしゃいませんか?

昨日の食パン焼きはなかなかいい感じで、90点をあげましょう。軽くてもっちりしていてカリカリでしかもフワッとしている。こうでなくちゃね。コーヒー焙煎もいい感じにできたので満足です。

僕の四国歩き野宿遍路一巡目は区切り打ちということも関係して天気に恵まれた。あれはかなりラッキーだったわけだけど、4月下旬に雨の中を歩いた時はかなりめげた。荷物を背負った歩きの旅に最適な雨具をずっと考えていて、「おっ、今日は雨か、大雨でも楽しいもんね」と思えるぐらいザマアミロな雨具があったら最高だ。もちろん軽くなくちゃいけない。

この、ゴアテックス中古女性用レインパンツをちょん切って、膝が隠れるバカ長風ゲイターを作ってもらおうと考えている。うまくいくといいなあ。

今日はブロンプトンで荒川区西尾久の歯医者さんに行って、帰りにピンクのレインパンツをちょん切って縫ってもらってきた。なかなかいい感じのサイクリングで約20km弱かな。戻ってジンジャーシロップをお湯で割って飲み、これから「百人一首喫茶」なのでルンバに床を掃除してもらっている。  2019.1.8

あれこれ考えて、あれこれ試してみた結果、E-M5MarkII用にこのマイクを買った。


ちょっと使ってみたが、声が濃いめでいい音だと思う。そしてケーブルがスッキリ接続できるのが良いと思う。

もはや、静止画っていうのは最低条件になっている。

つまり、もう字は読んでくれる人は少なくて、そこに写真が加わってもそんなのはあって当然の最低条件で、動画でも当たり前ということになっている。そういう時代らしい。

スッキリしたコードはこんな感じかな。

今日は少し緩んだ精神状況で、要するにやる気が出ない日だ。「夜カフェ」なんてやっててもお客さんはゼロかもなあ 。でもコーヒーはとても美味しい。

噂通り、オリンパスのハイエンド機が1月24日に発表されるらしい。僕が不満に思っているのはずっとここに書いているし、直接伝えてもいるけど液晶モニタに出てくる文字情報を消すモードが欲しい、それに尽きる。そのほかはE-M5MarkIIで特に不満がない。E-M5MarkIIは上位機種に比べるといろんな面でトロいのは確かだけど、動いている物は撮らないのでそれはあまり問題じゃない。

僕は2Kで十分なんだけど、本当に4K動画を必要としている人はどれだけいるんだろう。

と、書いているとシャープがマイクロフォーサーズに参入してしかも「8K動画に対応」だそうです。さてさて、どうなってくんだろう。  2019.1.9

僕がいつもやっている コーヒーのいれ方 を公開しました。どうって事ないけどわかる人にはわかるって感じかな。

こちらの方が上品だってことはわかっちゃいるが「わたくし」は恥ずかしくて言えない。「美味しゅうございました」も近いけど、こういうのは努力では補えない。無理しても、滑稽なだけだしねえ。

今年は四国オーディオ遍路に出たい。

前にも書きましたが、放っておくとどうしても関東中心になるので、次の本「マイオーディオライフ2020」はできる限り遠い場所に行きたいと思っているのです。そんなわけで情報収集中です。

ジョアン・ジルベルトの東京ライブ(2006年11月だから1回目じゃない?だって、初来日ライブは確か9月だったもんなあ)のブルーレイが発売される。8640円だそうです。

ついに1TBのSDカードがでた。レキサーで4万数千円ぐらいらしい。そのうち出るはずだと言ってきたが、実際に出るには10年以上かかった。  2019.1.10

ファンキーフライデー!! 今日もコーヒーが美味しい。

皿まわしの練習をしよう。

35年40年も前だとカメラを一生物だと思っていたから、ペンタプリズムや肩の部分のメッキや塗装が剥げて金色の地が見えてるカメラは年季が入っていてカッコいいもんだと思っていた。ところがカメラって一生物なんてことはなくて、特にデジタルカメラになってからは1年2年での買い替えも当たり前になっている。そろそろ僕のオリンパスE-M5MarkIIも満4年で、これはキヤノンEOS 40Dの記録に並ぶ最長記録で、動画も静止画も特に不満はないからまだ使うつもりだ。特に手荒な扱いはしていないのだが、割と早い段階で僕のE-M5MarkIIはペンタプリズム部分の角が擦れて地が出てしまった。

「見た目がこんな風だと売っても高くは売れないね」ってことで、あと2年使うことになりそうな気配、まあその頃には何か新しいカメラも出てくることでしょう。

僕が主催する戯れる会ではなくなっているので、明日はStudioK'sじゃない場所でオフ会をやるらしい。自主的にやるのはいいことです。そして僕はレディガガの映画を見に行きます。  2019.1.11

この年齢になるとけっこう亡くなる人がいて、今日も一人暮らしの知人が亡くなったという知らせがきた。そんな話をきくと、背中がゾクッとして不安な気分になった。やはり身の回りはなるべく片付ける方向にしなくちゃいけない。物は増やしちゃいけない。そう思った。

久しぶりに三宅純のアルバムをきくとこれがすごく良いので2回きいてしまった。

毒があると言うのか、とても退廃的な音楽だと思う。昔、山口孝さんが「パリにはエロスがあふれている」と言っていたが、まさにそんな感じがする。

色んなアイディアがあっても、カタチにするとなるとそう簡単ではない。だから必然的に、売り込んでプレゼンをしたり有志を集めたりってことになる。でも、このところ少し発想を変えることにして、できる限り自力でやることにした。隠し持ってるアイディアもためてきたものもみんな大放出してやろう。それが魅力的なら何かに繋がっていくことだろう。そう考えることにした。

昔、母親が言っていたっけ。「タコを柔らかく美味しく煮るお爺さんがいたんだけど誰にも教えなかった。その方法を誰にも教えずに死んでしまったので、あのタコの煮方は永遠に謎のまま」だって、そういうことが起きないようにしよう。  2019.1.12

けっこうな時間と労力を費やして、 四国遍路装備動画の(2)雨具編を公開 しました。

バカなんだよなあ。一ヶ所英文のスペルを間違えていて、それを修正してアップロードし直すのに1時間以上かかった。でも、誤字脱字はみっともないからね、気がついたら直すしかない。

今日は午前中から準備をして、午後は百人一首をやりそのまま夜は手巻き寿司パーティーをやった。僕を入れて11人、マンガの話や音楽の話や富士登山の話や色々、すごく楽しい1日だった。  2019.1.13

動画編集用のアプリはPremiereProだと年間2万数千円、Final Cut Pro Xだと買い切りで34800円。Final Cut Pro Xは使ったことがないのでとりあえずフリートライアル版をダウンロードして、インストール中です。iMovieは無料だし便利だけど「えー!こんなことも出来ない中」って感じで、けっこうストレスがたまるからなあ。

Amazon praimuで昔の映画でも見ようと思って「ティファニーで朝食を」を見た。まあ、むちゃくちゃな映画だけど綺麗だった。フィルムの映像は独特で暖かい。オシャレするのも悪くないし、髪を73に分けるのも悪くない。

昨日、夜の手巻き寿司パーティーのために御徒町の「吉池魚館」に刺身その他を買いに行ったらセルフレジで、誰かのクレジットガードが挿しっぱなしになっていた。店の人に渡したけど、ウッカリ抜き忘れは危ないなあ。その点AppleWatchでの決済はタッチするだけなので安心だと思う。

YouTubeでPremiereProやFinal Cut Pro Xの使い方を勉強して、自分の動画を制作してYouTubeに公開する。その循環ってすごくいいよね。  2019.1.14

以前だったら「Photoshop完全ガイド」とか「Illustrator丸わかり」みたいな書籍を買って使い方を覚えたわけだけど、ウイキペディアのおかげで家庭から百科事典が消えたように、YouTubeのおかげでハウツー本が不要になっている。料理のレシピもゴシップ記事も、ダンスの練習もウルトラライト遍路装備もみんなYouTubeでわかる。まだないけど、そのうち日本皿まわし協会公認の「皿まわし講座」だって公開されるかも知れない。

僕はYouTubeで音楽もよくきいている。だって、例えばポール・サイモンがアメリカのTV番組に出演して歌ってる映像なんてYouTubeを見ればいっぱい出てくるもんね。もちろんオペラだって純邦楽だってそうだし落語だってある。

生姜を買ってきたので、これを今日明日の間にジンジャーシロップ化するので、明日夜の「夜カフェ」でお渡しできます。

でも、今日はまずコーヒー焙煎を2回やる。焙煎したコーヒー豆を買ってもらうのはすごく嬉しいので、欲しい方は注文してくださいな。クリックポストで600gまで送れるので、送料込み600g3200円です。豆の種類はお任せの中浅煎りなんですが、300gずつ2種類送るというのが最も効率が良いと思う。  2019.1.15

今日は午前中からジンジャーシロップ作りで、夜は「夜カフェ」をやっています。

FPのアナログ盤が出ていました。


毎週水曜日の夜は「夜カフェ」をやります。18時から22時まで、オーディオあり音楽ありブロンプトンありコーヒーあり政治の話題あり。つまり「音楽喫茶」じゃありませんが、高級なイヤフォンの試聴ができたりします。コーヒー+エスプレッソで1000円です。お時間のある方はどうぞお出かけください。取材などで不在の時はお休みしますが、その場合はこちらでお知らせします。


「マイオーディオライフ」はオーディオ・ベーシックでの連載とムック、そして音楽出版社「スピーカーブック」での訪問記事の総集編です。是非お買い求め下さい。
僕の初めての本「マイオーディオルーム」は、単にAudioBasic誌に連載していた記事をまとめただけでなく再訪問しているし、「高島誠の遺産」も掲載されています。マルチフォーカスチューニングという記事は本当に丁寧な取材をした記事だった。このような内容の本は他に類を見ないし、10年20年後に読んでも役に立つはずだ。

ほぼ毎日使っているが、やっぱりダチョウのハタキは最高です。特にレコードプレーヤーの周辺、ターンテーブルやアームの細かく入り組んだあたりの掃除に最適だ。


僕のオーディオ装置 スケベ根性ありありの中庸 パート1  1997年から2000年まで
僕のオーディオ あんまり膨大なのでパート2 2001年
さらに膨大 パート3 2002年
僕のオーディオ生活 パート4 2003年
僕のオーディオ生活 パート5  2003年

僕のオーディオ生活パート6  2004年1月ー6月

オーディオと映像を中心にした日々の記録 パート7  2004年7月ー12月

オーディオと映像の記録パート8  2005年1月ー4月

オーディオと映像の記録パート9  2005年5月ー9月

オーディオと映像の記録パート10   2005年10月ー12月

オーディオと映像の記録パート11  2006年1月ー3月

オーディオと映像と遊び心的生活 パート12 2006年4月ー6月

オーディオと映像と遊び心的生活 パート13 2006年7月ー9月

オーディオと映像と遊び心的生活 パート14 2006年10月ー12月

オーディオ&映像、そしてまじめに遊ぶ生活 パート15 2007年1月ー4月8日
オーディオ&映像、そしてまじめに遊ぶ生活パート16 2007年4月ー6月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート17  2007年7月ー9月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート18 2007年10月ー12月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート19 2008年1月ー3月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート20 2008年4月ー6月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート21 2008年7月ー9月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート22 2008年10月ー12月
音楽と映像、そして生活を楽しむパート23 2009年1月ー3月

オーディオと映像、そして生活を楽しむパート24 2009年4月ー6月
オーディオと映像、そして生活を楽しむパート25 2009年7月ー9月
オーディオと映像、そして生活を楽しむパート26 2009年10月ー12月
オーディオと映像、そして生活を楽しむパート27 2010年1月ー3月  
オーディオと映像、そして生活を楽しむパート28 2010年4月ー6月  
オーディオと映像、そして生活を楽しむパート29 2010年7月ー9月
オーディオと映像、そして生活を楽しむパート30 2010年10月ー12月
オーディオと映像、3.11東日本大震災のパート31 2011年1月ー3月
オーディオと映像、3.11 がんばろう日本人 パート32 2011年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート33 2011年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート34 2011年10月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート35 2012年1月ー3月
オーディオと映像、新しい時代パート36 2012年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート37 2012年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート38 2012年10月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート39 2013年1月ー3月
オーディオと映像、新しい時代パート40 2013年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート41 2013年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート42 2013年10月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート43 2014年1月ー3月
オーディオと映像、新しい時代パート44 2014年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート45 2014年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート46 2014年10月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート47 2015年1月ー4月8日
オーディオと映像、新しい時代パート48 2015年5月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート49 2015年7月ー10月
オーディオと映像、新しい時代パート50 2015年11月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート51 2016年1月ー3月
オーディオと映像、新しい時代パート52 2016年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート53 2016年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート54 2016年10月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート55 2017年1月ー3月
オーディオと映像、新しい時代パート56 2017年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート57 2017年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート58 2017年10月ー12月
オーディオと映像、新しい時代パート59 2019年1月ー3月
オーディオと映像、新しい時代パート60 2019年4月ー6月
オーディオと映像、新しい時代パート61 2019年7月ー9月
オーディオと映像、新しい時代パート62 2019年10月ー12月

 ホームへ